2010年12月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

心のリッチ・ウーマン目指して

日本でも他人ごとではない。
女性の多くが一生のうちに一度は貧困を経験するかもしれない。
夫との離婚あるいは死別によって経済的に苦労するのはいつも女である。
日本でも、生涯賃金を比べても男よりもまだまだ低い。

しかし。女はもっと賢いはずじゃなかっただろうか。

リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門リッチウーマン―人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資入門
(2007/07)
キム・キヨサキ

商品詳細を見る
本書を今更読んだのだが、私にとっては強く背中を押される内容となった。
諸々お金に関する本を読んではいたが、イマイチ実学を学ぶモチベーションには
つながらず(したがって、具体的行動にもあまりつながらず)、だった私。

コチラも読んでさらに納得。
女性のための投資センスアップ・ガイド女性のための投資センスアップ・ガイド
(2005/04/27)
バージニア・B・モリス、ケネス・M・モリス 他

商品詳細を見る
アマゾンではもう売られていなかったが、出品者から購入することができる。
私は若者や女性が自分の納得するキャリアを歩めるようサポートできるように
自分自身も学びたいと思っているのだが、
今の日本の若者や女性のような経済的弱者にこそ、投資が必要なのか!と今更ながら
納得。
まずは、私自身が実践しないと・・だけどね。
スポンサーサイト

2011年、日本はどうなっている?


2011年 日本はこうなる2011年 日本はこうなる
(2010/11/12)
三菱UFJリサーチ&コンサルティング

商品詳細を見る
こないだのガッチリマンデーでも日本を代表する企業の社長の方々が来年の12月の日経平均株価を予測していたが、
先行きはとても不透明で予測がとても難しい状況にある。
今回のコチラの本
2011年の政治から、流行りものから、雇用情勢まで予測したものが書かれている。
日本の、世界の、2011年を予測して、自分の目標もより
現実的なものにしたい。

で、私は2011年、どうするか。
今年はもっと(目標・やることを現実的なものに落としこんで)
やりたいと思っていることをもっとやれる年にしたいと
思っている。
ずっとここのところ、ジムに行きたい、だの◯◯な環境で働いて
もっと自分のスキルを会社で役立てたい、だの
投資商品を買いたいだの
前から言っていることがたくさんあるのにあまり実行できていなかったし・・。
(おかげで貯金はたまったけどね・・)

昨年と同じく、年末はじっくり考える時間に充てたいと思っている。
Comment (-)

採用担当として勉強し続ける

面接官として、採用担当してこういった本から学ぶことは多い。

MBA式 面接プレゼン術MBA式 面接プレゼン術
(2005/08/26)
シェル・リアン

商品詳細を見る
少し前に書かれた本だが、そうか、欧米の大学を出てどこかの企業に就職しようとする人はこんな本を読んだりしているのか・・と勉強になった。いや、もはやこんな本を読んでいなくても、当たり前のようにやっていることなのかもしれない。実際、私の会社にも留学生(国に偏りはある)が新卒で何人か面接を受けに来ることがあるが、やはり日本人の学生よりも印象に残る。それは日本語がうまくないから、ではなくやはりオシの強さ。情熱。「私はこんなところがこの企業の役に立つと思っている」と堂々と言ってのけるところ・・と言ったところだろうか。自分がもし社長だったら、こういう人を雇いたいと思う人も中には居る。しかし、立場上、そういった個人的考えはある程度切り捨てなければならないのだが・・(ある程度、ね)。ある程度、この面接術を達成するためには小手先のテクニックだけでは追いつけないと思う。結局、こういったことをナチュラルに面接の場で発揮できる人は日々の仕事や学生生活の中でも成果をだし、キチンと説明ができる人なのではなかろうか。授業にはロクに出ていないのにアルバイトの経験ばかり誇らしげに語る学生には難しいように思う。自分自身の過去の反省も含めて、だが。私は日々の仕事でどんな成果を出しているだろうか。日々、どんなことにチカラを入れているだろうか。私はいつも自信を持って家族に説明できる人間でありたいと思っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。