2010年10月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

早くも10月が終わろうとしている

10月。2日から24日までなんとまたもやブログの更新が止まっていた。
10月1日、無事に新卒採用の各種サイト2012年向けがオープンした~と思っていたのも
つかの間。

私が今務める会社では、8月~12月で「階層別研修」というのが立て続けに
実施される。この期間は採用活動がそんなに忙しくない、と勘違いした
(真面目に採用活動をやっていなかったと思しき)過去の担当者が
定めた期間である。
たしかに採用担当者ってそれ以外の期間は暇しているんじゃないの?
と思っている日本の会社員も少なくない。日本の会社はほとんどが
新卒大量採用だからである。

しかし、そんなことはない。大量採用のピークじゃない時期にこそ
・採用全般に関する情報収集
・来期の予測し会社の予算からどれだけ採用費を獲得できるか考え
・さらにその予算分配を考える
・会社のM&A(は、残念ながら事前に採用担当まで情報が回ってくることがない)
 の状況から新卒の大量採用のみならず、中途採用の情報収集
・事業拡大が判明したら、これまた中途採用の情報収集(時には海外も・・)
・派遣社員案件もある。これまた単価から派遣法の動向から諸々、情報収集
と、いったようなことをやったほうがいいと思っている。

したがって、研修と採用の諸々が被る9月10月は結構
やることが(やりたいことが)たくさんあるわけである。
(・・・ブログを更新していなかった言い訳か?!)


スポンサーサイト

子供の頃から模様替えが好き

お部屋を見る視点が、プロの目線を読むことで変わる、そんな1冊です。
カエテミル―インテリアのアイデアBOOKカエテミル―インテリアのアイデアBOOK
(2004/09)
川上 ユキ

商品詳細を見る


飽きっぽい性格なわたくし。
よく言えば、あれこれ試行錯誤をするのが好きなわたくし。
最近、IKEAに行くのに少しはまっていて
書棚などを購入したため
ベッドや机の配置もあれこれ試行錯誤である。
思えば、子供の頃から模様替えは好きだったんだよなぁ。

読む本の優先順位はなんともつけ難い

本を読むことが好きである。
いつも電車の中で読むことが多い。わたくしは
1本目の電車に10分ほど乗り、2本目には30分ほど乗り
乗換には5分程度を要し、徒歩は合計しても15分程度なので
1時間かけて通勤しているため、読書する時間が
十分ある。
どう考えても読むスピードに対して
買うスピードの方が早いのだけどね
。。

新書がベスト (ベスト新書)新書がベスト (ベスト新書)
(2010/06/09)
小飼 弾

商品詳細を見る
上記本の筆者や複数の有名人が、少ない元手でいい本に出会うために
文庫、新書や中古の本を勧めている。

その中でも、新書はやはり、オススメということなんだと思う。
新書はカバーが均一なので
まずはタイトル、それから中身、著者で勝負しなければ
ならない。コンパクトで携帯するのによい、など諸々の理由が載せられている。

私もそんなわけで
山積みにされた本の中からまず読むのは
新書である。
新書やジュニア向けの新書で、まずは知識の外堀をつくってから
分厚い本やハードカバーに挑戦すると
飲み込みやすい。これは私自身の実感値であり、今後も
そうしたいと思っている。

旅に出たくなる本

旅行記、旅の本を読むと必ず旅に出たくなる。

Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)Eat, Pray, Love: One Woman's Search for Everything Across Italy, India and Indonesia (international export edition)
(2007/11/15)
Elizabeth Gilbert

商品詳細を見る
まず、この本がベストセラーになって紹介されたときに英語で読もうと試みたが
「祈って」とあるだけあって、微妙なニュアンスをつかむのが難しそう
と思ってやめてしまった。
それがこの夏、日本語の文庫版で出ていたため購入。
食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)食べて、祈って、恋をして 女が直面するあらゆること探究の書 (RHブックス・プラス)
(2010/08/10)
エリザベス ギルバート

商品詳細を見る
日本でも映画公開ということで
ジュリアロバーツが表紙に・・・!くぁわいい。

世の中の働く女子のうち、何割ぐらいがこうして1年間の旅に出ることができるんだろうか。わたくしは今のところ典型的日本の女性会社員でありとてもできそうにないが、2週間でもいいからこんな旅のマネごとをしてみたいと心の底から思うのである。2週間、バリでマッサージとメディテーション三昧。あるいは、2週間イタリアの語学学校?(イタリア語より個人的には台湾語かスペイン語を学んでみたい)。インドでヨガのリトリート、、あぁ、北欧に住む友達の家へ行ってオーロラを見るのも捨てがたい。筆者と違って結婚生活でボロボロ、ということはないが、仕事ではボロボロ・・である。執着していることも多すぎる。そんな自分のワークスタイルをあらためて振り返り、「食べて、祈って、また結婚生活に戻る」旅をしてみたいなぁ、と思うわたくしであった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。