2010年04月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「トモ」のソフトウェア?!

「トモ」ではなくて・・「知」でした。

「知」のソフトウェア (講談社現代新書)「知」のソフトウェア (講談社現代新書)
(1984/03/19)
立花 隆

商品詳細を見る
ジャーナリストの立花氏が1980年代に出した本。

今となっては情報の整理術としてはアナログ感があるかもしれませんが
アナログの時点での情報整理(何が必要で、どうやって情報収集して)
という面でとても参考になります。

本当に必要な情報をインプットしているだろうか?
どんなやり方でアウトプットしているだろうか?
インプット・アウトプットのバランスはいかがだろうか?


特に、わたくしが今後実行したいことは
「目的先行型の読書」。
読みたいジャンルがありすぎるので、
順番に目的を決めて、読んでいきたいと思います。
スポンサーサイト

会社の外に放り出されても稼げる力をつけておきたいよね

ということで、こんなタイトルの本。
以前から力を付けたいと思っておるわたくしは
副業やダブルワークの本を読み読みしております。
(実際に副業してはおりませんが・・)
サラリーマンのための「会社の外」で稼ぐ術 複数収入獲得マニュアル (朝日新書)サラリーマンのための「会社の外」で稼ぐ術 複数収入獲得マニュアル (朝日新書)
(2010/01/13)
柴田 英寿

商品詳細を見る
こちらで紹介されている副業5ステップは
実際、けっこう難しいかとは思うのですが
その戦略や、なぜ副業なのか、といったところは必読です。
わたくしが実際行動に落としこみたいポイントは
以下3点。

1.勝てそうなところでやってみよう
(得意を生かそう)
2.継続する
(継続してダメそうだったらまたやってみる)
3.会社の外での人間関係をつくろう


理系女子大生コミュニティ&フリーペーパー


日本にこのようなモノが存在するとは!

かくいう、わたくし、元理系女子大生でございます。
(未だに少し未練がある・・w)結局、技術系の仕事に
就いていないけれども。

とはいえ
今、技術系の新卒採用に関わっているので
ほんのーーり理系のエッセンスが生きているような気がします。
わたくしの会社は女性活用がヒジョーに遅れている会社なので
なかなか女性技術者を集めるのは大変ですが・・。

ちなみに、わたくしは数学のできなかった理系女子でして
理科と英語しかできなかった理系でございます・・。

↓理系女子大生コミュニティのブログから引用~
読んでみて下さいね★

こんにちは!ブログ書いたつもりが間違えてタイトルに書いていてがびょーんなふりかけです!周りで風邪が流行ってます!みなさんは大丈夫でしょうか?土曜日は凛カフェVol.3でした!参加してくださった理系女子のみなさまありがとうございました!都合が悪く来られなかった方もこちらを読んで参加した気分になってくださいね!さて、今日は月曜日!ということで化学防災と安全工学の授業でした!日本で1番安全な乗り物は
日本の交通事情!



とにもかくにも、わたくしは、理系女子をサポートできる仕事に
就けていることは
幸せだなぁと思う今日このごろ。

フレー、フレー、り・け・い・じょ・し!
陰ながら心からエールを送っております。
あー、そういえば最近(他の人にふってばかりで)全然
面接入れていない。。
全体のコントロールもいいけど、たまにはやっぱ面接入りたいなぁ。

勉強が好きになる本

すこしずつすこしずつ勉強が好きになる話すこしずつすこしずつ勉強が好きになる話
(1975/01)
千葉 康則

商品詳細を見る

とても古い本なのですが、たまたまアマゾンで取り扱いがあったので
さっそく購入。

やはり古いだけあって、文体はちょっと読みにくいのですが・・
子供のときに、この本の内容のことが理解できていたんならなぁ。

・・と思わずにはいられません。誰も教えてくれなかったもんね。
自分から調べたことなんかはやはり
ちゃんと覚えているもの。だから、誰でも思い当たることがあり
なるほど~と思う内容です。

それでもお金は大事である

お金がすべてではない。
しかし、お金はどう考えても大事である。
今の若者、(私もふくめて)20代、30代で
日本に働き日本に暮らすわたくしたちが40、50、と
なるころには
年金の支払いはさらに増えているはず。
それでいて60代になってからの受給額は減っていることであろう。

つまり、親世代が当たり前のように購入していた家、車
これらはローンを組んで買えないわたくしたちなのであります。
サラリーマンのためのお金サバイバル術 家・車・保険、「人並み」な買い物が破滅を招く (朝日新書)サラリーマンのためのお金サバイバル術 家・車・保険、「人並み」な買い物が破滅を招く (朝日新書)
(2009/11/13)
岡本 吏郎

商品詳細を見る

わたくしも「持たざる経営」派なので、あんまり贅沢しないタイプですが
かといって、貧乏を楽しめる域までまだ達していないという
なんとも中途半端だわ、と反省。
友人たちを見ていると、楽しんでいる人々も多数いますんで
今更ながら見習おうと思いました。。

たりないお金―20代、30代のための人生設計入門たりないお金―20代、30代のための人生設計入門
(2009/07/31)
竹川 美奈子

商品詳細を見る
別に投資信託を買わないといけないワケではありませんが
上記2冊を読めば読むほどむしろ
わたくしたち世代の(年収低めの)サラリーマンにとっては
選択肢がない、ということが分かりました。
大手金融や外資系企業なら話は別かもしれませんが
たいしたリスクは取れませんので
大きなレバレッジなどかけられるはずがないんですね。。

さて、わたくしもまずは家賃の見直しから
がんばるぞー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。