2009年05月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

同窓会

今日は久しぶりに会った高校の同級生と
ランチしてきました。
最近、この景気で大変だよね・・・という
オヤジの小言的な話をたくさんしてしまい
友人、ゴメンよ・・・という気持ちなのですが、、
彼女の近況も聞けて、楽しい時間でした。

そもそも、今の仕事の前、会社を辞めようか悩んでいた時
そっと背中を押してくれたのが彼女でした。
今の仕事に就くことができて
私は楽しんでいるので、彼女にはとても感謝しています。

今年29の私たちは、来年30歳

同窓会やりたいね、という話で
盛り上がりました。
なんだか、節目のようなものを感じている
そんな今日この頃です。

※もし(万が一・・・)都立西高校の
 1999年卒のお方が居らっしゃいましたら
 ぜひご一報を。

スポンサーサイト

リスクとうまく付き合える人になりたい

私はいろいろあってリスクを取りすぎた結果
今、3社目の会社です。
ようやく、今の会社で
いい上司、いい同僚に恵まれたな、と感じています。
ここで実績を積み、外資系や外国でも
働けるようになりたい!

私は氷河期終期の就職でしたので、あまり
選んでられなかったのですが
最初の就職先も、とてもいい会社でした。
しかし、色々と冒険することを
好まない社風でしたなぁ・・・。

ちなみに今の会社では、そもそも若者(とくに女性)に
リスクどころか、市場価値が認められる仕事にあまり
手を出させてもらえなかったりするんですけどね。

自分から奪取するぐらいのつもりで
挑みたいのですが。

今の日本は、本当にギリギリの状態だと思います。
若い人たちが、浮かばれない。
このまま、若い人たちが力をつけられずにいると
年金を払う人たち(払える人たち)が居なくなってしまうって
既得権を固持する層は考えないのだろうか…
社会全体のリスクだと、分からないのだろうか…。
この本↑を読んで、あらためて、そう思ったのでした。

新卒採用も終盤

新卒採用も終盤となり、10年卒の1次面接は無事
終了しました。残すところは
2次面接と最終面接、そして内々定者のフォローアップです。

しかし、某就職情報サイトNo1の会社Rの営業マンの
話によると、2010年卒業予定の学生の
7割前後が、まだ内々定になっていない
のだとか…!

氷河期世代の私も、この時期まだ
会社が決まっておらず、夏までシュウカツしていたので
あまり人のこと言えないけれど…。

上司と「若者の暴動がおこるんじゃないか」なんて
話をしていましたが、いや、本当に起きてもおかしくありませんよね。
確かに、私が面接をした学生も、
優秀そう(に見える)な学生は複数の内々定を獲得しており
全然、内々定の出ない学生は当社でも次の面接で
NGとなっていたり…。

しかも、5月後半から、学生にも疲弊感が出てくるんですよね。


確かに、認識の甘い学生もいることは確かですが
厳しすぎます。この現実。
疲弊しきっているので、暴動を起こす気力もないかもしれませんね。

かくいう私も会社で「コンニャロー」と思うことは多々あり
島耕作みたいに、一旗あげたいところですが
できる気がしません。。反対勢力(40代以上男性)が
強すぎて…。。。ハハハ。

こんな私は
力まず、しなやかに。少しずつ、したたかに。
変化を生み出せたらいいなと思っております。

中年男子の本音はとても勉強になる

女性が職場で損する理由 (扶桑社新書)女性が職場で損する理由 (扶桑社新書)
(2009/02/27)
古川 裕倫

商品詳細を見る

本書の内容は、男社会の男の本音だと思う。

私はキャリアを、まだあきらめられない。
そう思い、本書を読んだのですが
実に参考になりました。

女性は勉強熱心ですが、頭デッカチで終わることも
多々でして、私もそんな女子の一人です・・・。反省。

女性を活用できていない中年男子は沢山世の中にいますが
そもそも、歩み寄っていなかったり、ルールが分かっていない
女性も多いですよね。

そうそう、女性のほうが頭はいいハズなんだから。
このぐらいは、やらないと、ね。

開放感

20090523131903
今日はのんびり、新宿御苑にきました。
よく行くのですが、今日は久しぶり。

都会でも、こうした公園で身心を解き放つと、
余計なモノが出ていってくれそうです。

そしてまた、色々なコト吸収。

バラも満開でした♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。