2008年10月 の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

女性職

少し前に、こんな本を読みました。

<女性職>の時代 ――ソフトインテリジェンスの力 (角川oneテーマ21 C 155) (角川oneテーマ21 C 155)<女性職>の時代 ――ソフトインテリジェンスの力 (角川oneテーマ21 C 155) (角川oneテーマ21 C 155)
(2008/09/10)
中川 美紀

商品詳細を見る


こんな見方もあるものよね、と思う反面、
私の友達の半分は理系大学出身で
SEはじめ技術系、研究系も結構いるので
少し、いまさら括らなくても、と少し思いました。

特に、最近では、女性男性問わず
中性的な人も増えてますよね。
美容部員にも少しずつ、男性が進出してきていますし。
もはや、性別でくくるのは難しいような
気がします。

ただ、
男性が多い、女性が多い、という職業は
確かに存在しますよね。
そうした職業では、働く環境が男性有利
女性有利、ということもあるので
どうとらえるかは、本人次第…?!
スポンサーサイト

対立はしたくない

男女の性差というのは、確かにある。
女性には向かない仕事や、男性には向かない仕事があるというのは
私自身、しっかり認識しているけれども…。

これまで、学生の頃と合わせると何十社も面接を受けているが
今日もまた微妙な面接に遭遇した
(3分の1位の割合で、微妙な面接がある)。
面接官が年配男性だともう少し割合は高くなる。

社会保険労務士とおぼしき、50代とお見受けする
男性面接官からいくつか、「?」な質問。
■あなたは結婚しているが
 夫は転勤する仕事か? 転勤で辞められると困る
 「あっても、留学で1年だとかなので、一緒にはいきませんよ。」
 と、答えた私に対して「えっ」という反応。
 
 (男性に同じ質問をしているのか??そんな訳ないよねぇ)
 単身赴任なんて全然めずらしい話ではない。
 向井万起男夫妻とか…かっこいいし、仲良しですよね~。
 いや、そもそも、この質問は失礼な気がする。

■お茶汲みに抵抗はないか?
 これも、男性に同じ質問をしているのか、かなり疑問。
 かなり閉口してしまった。
 仮にも社労士…労働問題のスペシャリスト。
 誤解を招きますね。

以前、「くるみんマーク」取得に関する社内規定について
少しだけ社労士さんと仕事をしたことがあったけど
まずは子供を産める女性に理解を示すことが必要なんでは?
と思う。
少子化で困るのは私たちだけではない。
今、50代が要介護になる可能性の高い75歳になった時
税金を払ってくれるのは若手たち。次世代なのに…。

もう少し、若手たちを、女性たちを
大切にしてもいいのではないかと思う
おぢさま達であった。
面接の中で彼らは
勝間和代さんのことを知らないと言っていたが、
ぜひ著書を読んで頂きたいと思った。

こちとて、あんまり世代間で対立したくないわぁ。

親友の結婚式

今週末は親友の結婚式なのでした。
僭越ながら、友人スピーチの機会をいただきまして
少し緊張したけれど、楽しかったです。
スピーチ、もっと練習して上手になりたいな。

それにしても、本当に彼女らしい結婚式でした。
新婦のエレキギター姿は、凛凛しく
横でマイクを持つ新郎の姿も頼もしいものでした。

bu.jpg

いやぁ、結婚式って
ほんとうにいいですね。

日本を変えたい

微力ながらも…。
と、実は私も思っています。

勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan勝間和代の日本を変えよう Lifehacking Japan
(2008/09/27)
勝間 和代

商品詳細を見る


勝間さんの本の中で好きな本はいくつかありますが
無理なく続けられる 年収10倍アップ勉強法
お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)
▲この2冊が読み易く、わかりやすく、取り組み易いので同列1位で
勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド (ディスカヴァー携書 022)
▲こちらが私の心の中で2位だったのですが
今回、私の心の中ランキングが変わりそうです。

将来をなんとかしたい、だから勉強もするし
自分磨きもする、だけれど、何にもならない現状がある
閉塞感が強い
という20代は多いものです。私も含め。
(私はセクハラやらなんやらで会社を辞めてしまい
いよいよ発言力を弱めておりますが…)
やはり、社会をよくしたいと微力ながらも思っている
一人であります。
(結婚もしたことだし、子も産みたいぞ)
そのため、今回読んだ「日本を変えよう」は
とても考えさせられ、共感するところが多くありました。
特に「第1章」…私がまだ20代だからかもしれません。

日々、こうしたらいいのに…こうしたいな
こうしよう、と思っていること少し言うと
中年男性から説教が返ってきたり…。
そうした諸先輩方から育てられた一部男性にも
意見を受け入れられないことがあったり…。
バブル時代に入社した男性社員数名とも
ギャップを感じることしばしば…。
私だけでなく
こんな日常を肌で感じている女性も多いはず…

それはさておき
株も下がり続けていることだし、
若者と女性を活用しないと、もう日本も
極限に来ているような気がします。

ちょっと放心

結婚式が終わって1週間、
すっかり放心状態になっていました。
8月以降、いろいろな意味で
バタバタしていたのが、一気に
ボンヤリモードになってしまい
自分の脳みそがちょっと心配…

今年2008年は、いつもお世話になっている周りの方々が
たくさん結婚しています。
30歳になる前に、というわけではなく
機が熟した、という感じで。

今週末には親友の結婚式、
11月には従妹の結婚式があります。
これから
周りのみんな、私たち、どんな家族になるんだろう
と、思うと
なんだかわくわくします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。