カテゴリ:Jobs & Work の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

外資で働いてて思うこと

私の場合、日系企業の女性をかろんじている中年男性たちに嫌気がさし
外資系企業へ転職したわけですが・・・
外資系もいろいろあるんだな、と思う今日この頃です。

ですが、総じて外資系に転職して思うことは
ワーキングマザーであるかどうかは、全く関係なく評価される
ということです
(ま、その他に国籍とか人種とか、他のめんどくさい要素が入ってくる企業もありますが)

マザータグついてないって、ほんとにありがたい。

私の風貌や発言からは外資系OLを想像する人はあんまりいないのですが
今のところ何とか生きていけてます!

仕事はそれなりに厳しいですが
精神的に楽。

以前よりもずっと前向きに仕事している感じがします。

あと、転職した先は外資系でも中小企業なので
基本的には新卒が居ません(=育てる余力無し)。
殆どの人が大卒ですが、あんまり何処の大学かは関係ないみたい。
(そもそも日本の大学じゃない人がいる+半分が理系の人たちなので文系のラベリングがどうでもいい)

家族構成とか学校とかどうでもよくて、それより実績、ということでしょうか。

スポンサーサイト
Comment (-)

給与交渉

日系企業では思いつきもしなかった給与交渉ですが
外資系転職時にもっと交渉すればよかったなと反省しています。
入社した後は思ったより上がらないことがある、とは聞かされていましたが
その通りになっちゃってました (/・ω・)/
同じチームの他の同僚の給与交渉がうまくいけば、そっちに予算は持っていかれる訳でして・・。

一方で外資・日系でくくりを分ける必要もないなと
感じることも割とあります。

そんなことを学んでいる日々~。

Comment (-)

私の課題

日本に生まれ育って、いまちゃんと眠れて食べれているということは、
好きなことをやれる環境は整っている、ということなんですよね。
だけれど、好きなことをやり続けるのは案外難しい。

キャリアの一貫性なんて無用、というブログ記事を読んでいて思ったのは、キャリアの一貫性は無用なのかもしれないけど、自分がやりたいと思ったことに食らいつき続けることは必要ということです。

私自身を振り返って見ても、学生の頃の専攻から仕事…のところで、全然一貫性は無いです。外国人に説明するのがとっても難しい。
でも、好きだと思うことをやってみてよかった、と思うんですよね。
例えば、好きだけど、仕事にするには向いてないと分かったこともあったし。
今は辛いこともあるけど、結局、人のことが好きで、様々な人のドラマに触れることができて、それをサポートする仕事に就けている。
そして続けていられて?いるので
やっぱりHRの仕事が好きなんだな、と思います。

将来起業することがあったとしても、やはりキャリアカウンセラーや、トレーナー、コーチ、といったHR関連の仕事なんだと思います。

その中で、自分のブランディングというか、
持ち味をどう活かせるか、提供できるか
というのが、
今の私の課題な気がします。

Comment (-)

シンガポール出張

単身赴任中にしてまた出張の機会が。
出産前までは新卒&中途の採用の仕事していたので出張はしょっちゅうでしたが
内勤(給与、社保、人事データetc)の仕事に移ってから
2回目の出張の機会があると想像もしていなかったので
アタフタしてしまいました!

前回は単身赴任中の夫を急きょ帰国させるという荒技を選択しましたが
今回もまたその手をつかうと
夫が日本に帰国できる日数(=有休)が減ってしまうということなので
子どもを夫の両親に預ける という荒技をとることになりました。
出張は
日曜日に出発、水曜日の朝帰国(深夜便で全く眠れず、翌日は超低効率でしたが・・・)。

12月決算なので繁忙期とも重なり
結局2週間、預かっていただきました。

本当に助かりました。
預かってもらっている間に、保育園では胃腸炎やインフルがはやっていましたが
息子には全然影響なく
むしろより元気に、たくましく、わがまま(?!)に
なって帰ってきました。

ご両親、子どもをみてくれてありがとう。
本当によかったと
ただ感謝です。
Comment (-)

出張のチャンス2

一時は無理かと思われた北京への出張ですが
夫がカナダから一時帰国することにより、無事に(?!)行かせてもらうことになりました!

嬉しい!一方、中国とシンガポールの同僚(いやだいぶ先輩)に圧倒される出張になりました。
今日は3日目。

シンガポールの人は同僚というよりボスに近いポジションの方ですが
ほんとうに親切で、私の心配に対して全て no worries といって答えてくれます。
いや、心の中では 日本人使えないなーと思っているかもしれませんが。。。

私の前任者は全く英語ができなかったということなので、おかげでハードルは下がっているんですが
私もビジネスで英語を使ったことがない(しかもシンガポール英語は初めての環境)ので
けっこう苦戦しています。クイックに質問ができなかったり、答えられなかったり。。。
この出張でかなり鍛えられている(気がする)ものの、もっと鍛えねば・・・と思わされている所です(汗)。
年収も前任者とそんなに変わらないので、鍛えてもっと上げたい!と思います(^o^)P

今回の出張はチャンスをくれた海外の仲間たち(&上司)と
夫・子供に感謝です。



Comment (-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。