カテゴリ:Healthie の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

一番大事なのは健康

日ごろからかなり健康には気を使う必要があります。
ですが、運動していないし食事も適当だし・・・・我ながら健康食品や健康グッズにだけ頼っている状態を反省する日々・・・。

そんな私ですが、理想の健康生活を書いてみたいと思います(単なる妄想です)。

まず、
南東向きの角部屋に住みます。
朝は陽の光で目覚めて、ホームベーカリーで焼いたパンとヨーグルト・お取り寄せの野菜ジュースを飲みます。

通勤するときは隣の駅まで歩いて少し運動。
会社についたら1杯だけコーヒー(または緑茶)を飲みます。
午前中が一番、集中する時間です。

お昼ご飯は毎日、きちんと外で取ります。お気に入りは野菜たっぷりの中華料理。

午後は間食したくなる時間が度々到来しますが、ジンジャータブレットを食べて
乗り切ります。

PCの作業が多い仕事ですが、定期的に席を立って
肩を回したり軽い運動をしてほぐします。

一日の仕事が終わるのは18時ごろ。
時間があるときはプールにいって30分だけ泳いでから帰ることもあります。
家に帰ったら軽めの食事をとります。
基本は玄米ご飯と野菜たっぷりのお味噌汁、納豆です。

20時ごろにはお風呂に入り、21時には子供たちと布団に入ります。
大人は少し本を読んだりお話をしたりしながら22時に眠ります。
少し早いかもしれませんが、明日は5時には起きます。

週末は自然の豊かな場所へ出かけて、アスレチックやアウトドアスポーツ
簡単な登山などします。
まとまった休みがあるときには、家族で旅行してたくさん歩きます。
何もないときは、ヨガでからだをリラックスさせます。

・・・こんな日々が続いて・・・
会社をリタイヤしたときには、夫と二人で家庭菜園を始めたいね
話し合っています。
まだまだ先の話ですが・・・。

子供たちの成長を見守りながら仕事を続けていくには
何よりも健康が一番大事です。
おちおち風邪もひいてられません。
健康が一番大事ですが、心のバランスはその根底です。
食べたいときに食べたいものを食べて、運動することが大事かな

と、思っています。

理想の健康生活に少しでも近づけますように・・・。

スポンサーサイト
Comment (-)

そして風邪を引きました・・

久しぶりに海外旅行をしたら、風邪を引いちゃいました・・。
しばらく引いていなかったのに。。(昔はよく引いてたけど)けっこうショック。
やっぱ、体がまだまだヤワなんだわ。

日頃鍛えておくことの重要性をあらためて痛感。
ここ何ヶ月かサボっているものね。。

温泉施設ならまかせよ。

今日も温泉施設に行ってきた。
実はわたくし、プチマニアなんじゃないかと思う。
というわけで、わたくしの心の中のランキングを公開してみる。

1.庭の湯(豊島園)
子供がいない(=騒がしくない)。比較的都心に近いのに
樹木が多くて癒される。水着着用で男女で楽しめる。
平日夜行くと、お得。

2.ヒーリングヴィラ印西(印西牧ノ原)
都心からかなり遠いが、コスパがよい。午前中は比較的静か。
マッサージの種類が豊富。ランチビュッフェが健康志向。
広いサウナが家族でまったりできる。
今日行ったのはココ。

3.さいたま清河寺温泉 (埼玉)
(同列)瀬音の湯 (東京 秋川)

両方とも車じゃないと行けない。そして両方とも
お湯がよく印象に残っている。
が、時間帯により騒がしくとっても混んでいるため
しばらく行っていない。。ドライブのついでに良いと思う。

ちなみに、うちから近いのは以下二つ。
東京染井温泉 SAKURA
ラクーア

なのだが、価格の割に広さと湯やサウナのバラエティが
ちょいと・・なのであまり行っていない。
やはり都心にあるだけあって、騒がしいのもあるけど
早く仕事の疲れを癒したいときや
女同士でひたすらしゃべりたいときなんかは良いかも。

今日は代休

身体資本であります!今日は仕事は休み。

ここ最近、毎週末、新卒就職イベントに出ている私。
体は25時間(約1日)周期、1週間周期、28日(約1か月)周期
働いていることを実感します。
やはり、休むタイミングを逃すと、疲れが取れにくいのです。

今日は天気もいいし、郵便局やら家のこと終わったら
庭の湯行ってこよ~。

そして
今日も22:30(遅くとも23時)には寝る!

29

2929
(1995/03/08)
奥田民生

商品詳細を見る


私は2009年、29歳である。

29歳とはもっと大人で、子ども(息子)なんか居たりして
もっと落ち着いているものかと思っていたが
全然そんな気がしないのである。

29歳のクリスマス (新潮文庫)29歳のクリスマス (新潮文庫)
(1998/11)
鎌田 敏夫

商品詳細を見る


TVドラマで見た29歳は、バリバリ仕事をこなし
服やメイクに自分のスタイルを持っていたし…。

しかし、私はまず29歳に見られない。
外見で幼く見られてしまうのは結構コンプレックスである。
仕事関係の人にも同級生にすら
なめられてしまうためである。

なめられても(小さくていいわね~と言われても)、許せる度量が
むしろ、「大人」なんだろうな。

というわけで、今もなお目下筋トレ中。せめてもう少し肥って
貫禄をつけたいと思っている。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。